プロジェクト共育

エコ推進プロジェクト

ニュース & TOPICS

RSS

一覧はこちら

もっと見る

  • アドプトリバー活動

    河川清掃や生態系調査などアドプトリバー活動

  • 環境授業

    近隣小学校での環境授業を実施

緑あふれる美しいキャンパスづくりを推進しよう!

緑あふれる美しいキャンパスづくりにあなたも挑戦しませんか?緑化や清掃・美化活動を通じて、うるおいと活力あふれるキャンパスライフを実現しましょう!学外のフィールドでも他大学や行政・企業との交流の輪が広がります。地域の子ども達への環境教育など、大学生だからこそできる社会貢献にも取り組んでいます。

どんなプロジェクト?

【プロジェクトの目的】
本学キャンパスのアメニティ環境の課題は、ポイ捨てごみの多さなど、学生の環境意識の低さによって引き起こされるものが多い。その解決のためには、現在必ずしも高いとはいえない学生の環境意識を向上させるような、美しいキャンパスづくりが必要であると考える。本プロジェクトは、緑化や清掃活動を通じて、本学の学生・教職員・店舗関係者など、大学にかかわる人々の環境意識を向上させることを目的としている。プロジェクトに参加する学生のスキルの向上や地域社会への環境啓発活動を通じて、大学が求められている社会的責任を果たすものと考える。
【プロジェクトのおもな活動・実績】
◆屋上緑化
すでに緑化エリアの策定、コンサルタント数社からのヒアリングによる課題抽出を行ってきた。その結果、施行による負荷耐久性や啓発効果などの諸点から、今年は「体育館剣道場屋上階段状部分」「16号館横木製デッキ」「中央キャンパス西側バス停通用門」の3か所に、空気浄化作用をもつピュア・プランターを設置し、そこで、花の栽培をおこないながら、学生や教職員の方々の環境意識の向上に努めることとした。
平成21年度は、1.プランターの設置。2.緑化に用いる花卉の選定、3.維持管理、を行う。
なお、学生による維持管理に関しては、専門家や業者の方とのコミュニケーションを大切にしながら経験を通じて学習していくこととする。
◆学内PR活動
緑化エリアでの説明看板やアドプト・リバー宣言看板の設置やポスター掲示等の学内PR活動を通じて、緑化や環境に対する関心を高め、学生の意識向上につなげる。
◆学内美化活動
キャンパスの重点エリアで定期的にごみ拾いを実施し、一般学生の意識向上につなげる。効果的な啓発方法を探究するためのデータ収集もあわせて行う。
キャンパス横を流れる鍋田川において、アドプト・リバー協定を枚方土木事務所と交わし、学生の手で清掃活動を展開するとともに、地域住民の方との交流も模索していく。
【プロジェクトの設立年】
2009年
【参加している学生のおもな学部・学科】
人間環境学部(生活環境学科)など