プロジェクト共育

地元のEもん・Aとこづくりプロジェクト

  • ザ・夕涼み

    地域連携で実施している野外映画祭 ザ・夕涼み

  • ポスターセッション

    学会でのポスターセッション

地域資源を活用した地域ブランド創出に向けた環境デザインの実践!

「自分の身近な環境=「地元」で活躍できる人材を育成する」ことを大目標として、デザインのチカラで社会的問題を創造的に解決し、魅力的にしていくプロジェクトです。毎年継続してきた深北緑地の野外映画祭や竹炭と納豆菌による水質浄化社会実験に加え、新規プロジェクトを通して地域の人々と協働し、企画力と実行力に磨きをかけます!

どんなプロジェクト?

【プロジェクトの目的】
「地元で活躍できる人材を育成する」ことを大きな目的として考えます。「地元」とは、住んでいるまちとイメージされがちですが、「大学のあるまち」「バイト先のあるまち」「好きな店のあるまち」等々「住・学・働・遊」といった個々人の生活スタイルにより様々に捉える事ができると考えます。
自分の身近な環境=「地元」を持ち、それらを良好な環境に変えることができれば、生活環境全体が少しずつ魅力的なものになります。
まず、本学の地元である大東市を舞台に1.地元が気になる・好きな人が集まって2.地元の事をみんなで考え、3.地元のために自分ができることを実行することを目的に「地域(地元)ブランド」づくりを実践することを試みます。
【プロジェクトのおもな活動・実績】
大東市をフィールドに地域資源としての「竹」を活用したプロジェクトを通じ、地域とのネットワークと竹の有効利用の手法について実践に基づいた調査研究を行っている。
地元の大阪府営深北緑地でのイベント実行委員会へ企画段階から参加している野外映画鑑賞会「ザ・夕涼み」ではチラシデザインなどにも係り、大東市の定例イベントとなっている。
【プロジェクトの設立年】
2011年
【参加している学生のおもな学部・学科】
工学部・建築環境デザイン学科など