プロジェクト共育

森・川・田んぼプロジェクト

  • 稲刈り

    棚田での収穫作業

  • 収穫体験

    近隣小学生に収穫体験と環境授業

地域生態系を考え、行動したい学生、集まれ!

地域生態系を考え、行動したい学生集まれ! 自然環境の調査と活動を通して、人と自然のつながりを考え、環境保全に向けて活動中。地域の方と交流しながら、明日香や龍間で米・果樹・野菜作りを楽しみ、生駒山系の森林や河川調査を通して地域の自然を探求しています。自然の恵みを味わう楽しさも共有しましょう。

どんなプロジェクト?

【プロジェクトの目的】
森と川と田んぼが分断し、自然環境が著しく劣化しているなかで、自然と人とのかかわりが重要となっている。森においては、地球温暖化を抑制すること、生物の多様性を保全するためには、森林保全や林業再生が不可欠である。森の水を集める川は、多様な生き物と植物が分布する「川らしい川」である必要がある。それらをつなぐ人間環境として、食と生き物が集う田んぼの再生と活性化も重要である。
【プロジェクトのおもな活動・実績】
◆森林、河川、田んぼの保全活動・調査
自然林の保全活動(調査など)、二次林(里山林)の保全活動(下草刈りなど)、林業施行補助活動、田んぼや河川の生き物の調査などを、行政および地域のNPOと協動の形で、大学周辺および近畿地方の森林、河川および田んぼを対象に実施する。
◆出前事業の実施
得られた成果をもとに、小・中・高・地域の集まりで学生が出前講義などを実施する。地域の生態情報を発信し、地域と学生との相互交流をはかる。
◆吉野山の森林再生・森林保全活動に参加
人間環境学部が実施している奈良県吉野山における森林再生と森林保全の取り組みに学生が参加。2007年度と2008年度は、春日山原始林の調査補助として学生が参加。奈良県香具山においてNPOの竹林保全活動に学生が参加している。
【プロジェクトの設立年】
2009年
【参加している学生のおもな学部・学科】
人間環境学部 生活環境学科など