建築・環境デザイン学科

  1. 1.教育研究上の目的

    科学技術革新の急速な展開、社会環境の変貌が進んでいる現在社会において、広く社会に通じるデザインの諸問題を見出し、横断的な視点からの問題解決への提言をおこなう能力が重要となってきている。そこで、このような社会に対応した、美・アメニティ・機能を備える持続可能な環境・空間・モノを、広い視野、豊かな感性、確かな技術力・想像力に基づいてデザインし、より良い生活環境を創出できるような能力を身につけるための総合的な教育研究を実施する。

  2. 2.教育目標・3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー/アドミッション・ポリシー)

    教育目標・3つのポリシーはこちら