機械工学科

  1. 世の中の高度化・多様化したニーズに応えるために

    nakayama 洗濯機、テレビ、冷蔵庫などの家電製品、病院の検査装置や医療器具、宇宙空間で活躍するロケットや宇宙ステーションの部品、高速・高密度化された半導体を製造する半導体製造装置など、世の中に存在するほとんどの工業製品は、機械工学をベースとしてつくられています。 現代社会においては、その一つひとつの製品に対するニーズがより高度化・多様化してきており、機械工学への期待もますます大きくなりつつあります。
    私たち機械工学科では、このような社会のニーズに応えられるよう、1年から4年まで段階を踏み、最先端の学問が学べるようにカリキュラムを構成しています。 機械工学、すなわち “ものづくり”に必要な学びは、数学・物理などを学問の基礎とし、その上に構成されています。 本学科では1年・2年次に機械工学の基礎科目を学び、実験・実習を行い、2年次から3年次にかけて専門科目の学びへとステップアップしていきます。 4年次では集大成として学んできた学問に加え、学生自身のユニークな発想や工夫を反映させながら卒業研究に取り組みます。
    卒業後は、エンジニアとして企業に就職するほか、さらに高度な専門性を追究し、スペシャリストを目ざすために大学院に進学する学生もいます。 また、より特長ある機械工学科を目指す一貫として、専門学校などと連携し、臨床工学技士などの資格を短期で取得できるようなコースも検討中です。
    このように、学部教育と大学院教育を通して、機械、 医療、福祉分野等で大いに活躍できるエンジニアの育成を目ざすのが機械工学科です。

    大阪産業大学 機械工学科主任
    中山 万希志