文化コミュニケーション学科

  1. 1.教育理念

    文化コミュニケーション学科では、人間環境に関する基礎的な学力とコミュニケーション能力の養成を通して、人間を取り巻く様々な問題に自主的かつ積極的にとりくむことのできる感性豊かな人間力を養成することを教育の理念とします。

  2. 2.入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

    文化コミュニケーション学科が求める学生は、人間とその環境に深く関心をもち、健全な人間環境の形成に貢献できる人間力溢れた人材です。社会に活かせる様々な問題と課題に対して、自ら主体的に取り組むことを望む学生に広く門戸を開いています。

  3. 3.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

    文化コミュニケーション学科では、本学科の教育理念に基づき、実践的・体験的教育を重んじるとともに、初年次から卒業までの一貫性教育を通して、学生が段階的に実力を獲得できるようなカリキュラムを編成します。

  4. 4.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

    文化コミュニケーション学科では、カリキュラムに則って学習した結果、所定の単位を修得し、コミュニケーション能力や他者との協調力など、社会人として身につけておくべき能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与します。