生活環境学科

  1. 1.教育理念

    生活環境学科では、建学の精神並びに学部の教育理念を踏まえたうえで、地球環境問題や少子高齢化など、生活環境の変化が抱える問題に気づき、持続可能な社会を実現するために、状況を理解・分析し、課題解決のために暮らしを変える行動力や、マネジメント力のある、実践的な能力をもった人材を養成することを教育の理念とします。

  2. 2.入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

    生活環境学科が求める学生は、人間と生活環境のかかわりについて深い関心と洞察力をもち、健全な人間環境の形成に貢献できる人間力溢れた人材です。社会に活かせる知識と技量を養う意欲のある学生、課題に自ら取り組む実践力を鍛えたい学生に広く門戸を開いています。さらに、教員の研究・社会活動の活発化によって、学科の社会的評価を上げながら、特色あるAO入学試験や高大連携などを通じた積極的な学生の獲得を目指します。

  3. 3.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

    生活環境学科では、生活環境を総合的・多面的に理解するため、自然環境、社会環境、都市環境、および環境技術分野の科目を厳選してバランスよく提供していきます。また、初年度におけるコンピュータ演習や、基礎スキル演習による基礎的な学習技術や自己管理能力の習得に続いて、2年次以降は実践的能力の育成に重点を置き、フィールド・スタジオワークおよび卒業研究を柱とする専門科目の履修を通じて、専門性と人間性の定着を目指します。また、全学年を通じてキャリア教育を実施し、就職力や社会人としての能力の育成を意識した科目や資格講座などの提供を積極的に行っていきます。

  4. 4.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

    生活環境学科では、生活環境の課題解決能力を身に付けた人材の育成をめざして策定されたカリキュラムに則って学習した結果、所定の単位を修得した学生、すなわち、コミュニケーション能力、自ら課題解決に向かう行動力、チームとなって共同の目標を達成する力など、社会人として身につけておくべき能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与します。