スポーツ健康学科

  1. 1.教育理念

    スポーツ健康学科では、人間環境の形成に関わる「人間」がより良く生きるために健やかなる身体活動を支援し、スポーツを通じて人の幸せや健康増進に寄与することで、社会に貢献できる能力を身につけた人材を養成することを教育の理念とします。

  2. 2.入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

    スポーツ健康学科では、人間とその環境に深い関心を持ち、スポーツを通じて人の幸せに寄与することを希望する学生や、スポーツ健康の専門知識および技術を身につけて社会に貢献したいと志す学生を求めています。

  3. 3.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

    スポーツ健康学科では「実践からの学び」を教育の柱とし、充実した実践教育を行います。スポーツ支援コース、健康支援コース、健康・スポーツマネジメントコースでは専門性を高め、実践科目では実技または現場を経験するカリキュラムを編成し、卒業研究へと発展させることを教育課程編成・実施の方針としています。

  4. 4.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

    スポーツ健康学科では、教育方針に沿って策定されたカリキュラムに則って学び、学習のまとめとして卒業研究を行い、所定の単位を修得し、リーダーシップ、フォロワ―シップ、コミュニケーション能力を身に付けたものに卒業を認定し、学位を授与します。