学部・学科

  • トップ
  • 学部・学科
  • ニュース&TOPICS
  • 経営学部 商学科 特殊講義B(スポーツ産業論)-第12回は 大相撲の元関取・親方で現在は株式会社間口のチーフマネー ジャーの小塚一先生に御出講いただきました

ニュース&TOPICS

カテゴリ
バックナンバー
カテゴリ: 【商学科】 2017.12.21

経営学部 商学科 特殊講義B(スポーツ産業論)-第12回は 大相撲の元関取・親方で現在は株式会社間口のチーフマネー ジャーの小塚一先生に御出講いただきました

12月18日(月)に、特殊講義B(スポーツ産業論)の第12回目が行われました。本講義は、毎回、異なる専門分野の研究者、実務家にご登壇いただき、あらゆる角度からスポーツビジネスについて学ぶ講座です。
 
この日は、大相撲の元関取(朝乃翔)、元親方(若藤)で、現在は大阪の老舗物流会社のチーフマネージャーの小塚一先生に、「プロスポーツ選手のセカンドキャリア」について御講義いただきました。
  
まずは、大相撲の歴史や力士の生活などを詳しくご説明いただきました。そして、小塚先生が相撲をはじめたきっかけや大相撲に入門されたときのこと、親方業などについてお話しくださったあと、30代半ばでビジネス界に転身されたこと、転職時や転職後にご苦労されたことなどを熱く御講義いただきました。
 
また、親方時代の経験から、中学卒・高校卒で大相撲に入門したものの夢半ばで引退した若手力士の就職の難しさ、そしてご自身のご経験も含めてプロスポーツ選手のセカンドキャ
リアの厳しさなどについて、お話しくださいました。
 
とても素晴らしい御講義でした。特に運動部の学生たちには、スポーツだけでなく勉学にも励まなければならないことが理解でき、心に響いたようです。