スポーツ健康学科

教育・カリキュラム

学びのポイント

1.「関西一」多い元日本代表アスリート指導陣からの直接指導。
 資格取得についても万全の体制でサポート。
日本代表として国際大会への出場経験のある指導陣から「アスリート・マインド」を学ぶ機会が関西圏内で一番多くあります。また、整形外科医・内科医、学校現場経験者など「スポーツ科学」「健康」「教育・コーチング」に精通したスペシャリストが直接指導します。さらに、「健康運動指導士」や「健康運動実践指導者」などの資格取得、教員採用試験現役合格を全力でサポートします。
2.プロ球団・実業団とアカデミック・パートナーシップを締結。
 産学連携で球団運営を支える学生を養成する。
FC大阪、大阪エヴェッサ、JTマーヴェラスの3つの球団とともに、スポーツの価値を高め広めるとともに、“スポーツの感動”を伝えるために、選手や球団が何をすべきかをフィールドワークや実践を通して学んでいきます。
3.本学併設の総合型地域スポーツクラブで、
 地域の人々と関わりながら実践力を磨く。
NPO法人いきいき大東スポーツクラブで開講されている健康教室やスポーツ教室に、学生が指導アシスタントとして参加したり、イベント運営スタッフとして参画することにより、その指導法やクラブの企画運営におけるマネジメントの実践力を身につけます。

過去の卒業論文のテーマ

過度な運動量が身長成長の抑制に関わった事例研究~からだの発育速度と運動能力~
マルチヒップジョイントボードにおけるトレーニング効果について~スプリント能力と大腰筋および背筋横断面積の変化~
J1リーグの集客率に関する一考察

目標とする主な進路

身体教育学コース 中高保険体育科教諭、小学校・特別支援学校教諭(通信教育課程)
スポーツ科学コース プロスポーツや企業スポーツの選手・コーチ・トレーナーなど
地域・健康科学コース 病院・福祉施設・自治体・スポーツクラブなどでの健康運動の指導など
コース共通 中高保健体育科教員、消防士・警察官、スポーツクラブのインストラクターやトレーナー