大学案内

学長室から

学長就任の挨拶

中村康範

~誇りを持てる大学であるために~
学長 中村康範

 大阪産業大学は、瀬島源三郎氏が1965年に「偉大なる平凡人たれ」を建学の精神とし創立し、以来50年間、約80,000人の卒業生と現在、5学部13学科、4研究科、12専攻に在籍する約8,100人の学生にその精神は受け継がれています。

 18歳人口の減少や経済成長の鈍化など、大学を取り巻く環境は厳しさを増しています。それに加えて、グローバル化や情報化の進展により大学の機能や役割は多様で複雑になってきています。また、学生にとってはこれまでの知識を獲得することを主体とする学びだけでなく、コミュニケーション能力や課題解決能力を身につけることも求められています。そのためこれからの大学は、学生が時代の流れや環境の変化のもとで、受動的でなく主体的に変動する社会に対応できる力をつけ俯瞰的に問題を捉える力を身につけることができる場にならなければなりません。そのために本学はアクティブラーニング等の新しい教育手法を積極的に取り入れ、教員一人ひとりが熱意を持って学生の顔が見える距離において指導することをモットーに、教育力および研究力を高めていきます。

 大阪産業大学が「誇りを持てる大学」となるために、「大学が好きになる」気持ちが芽生える環境を構築し、「現代社会で生き抜くために力強さと人間力を養うことができる教育力」、「グローバルな人材育成を通じた社会貢献」を目指した大学運営を行ってまいります。

2016年9月15日

■学長・中村康範のプロフィール
【氏 名】
中村 康範(なかむら やすのり)
【生年月日】
1948年(昭和23年) 68歳
【出身地】
兵庫県
【現 職】
  • 工学部教授 <専門:機械工学>
【学 歴】
  • 同志社大学工学部機械工学第二学科卒業(1968年~1972年)
  • 大阪府立大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了(1972年~1974年)
  • 大阪府立大学大学院工学研究科機械工学専攻博士課程修了(1974年~1978年)
【学 位】
  • 工学修士(大阪府立大学1974年)、工学博士(大阪府立大学1978年)
【職 歴】
  • 大阪産業大学工学部専任講師(1978年~1981年)
  • 同工学部助教授(1981年~1993年)
  • 同工学部教授(1993年~現在に至る)
  • 同大学院工学研究科博士前期課程専攻担当(1993年~現在に至る)
  • 同大学院工学研究科博士後期課程専攻担当(1996年~現在に至る)
  • 同情報科学センター所長(2004年~2006年)
  • 同工学部長(2006年~2010年)
  • 同工学研究科長(2006年~2010年)
  • 同綜合図書館長(2014年~2016年)
  • 大阪産業大学・同短期大学部副学長(2016年4月~2016年9月)
  • 大阪産業大学・同短期大学部学長(2016年9月~)
【主要業績】
  • 「設計工学概論」日刊工業新聞社(1983)
  • 「機械工作学」産業図書(1987)
  • 「有限要素法・離散化最適手法による板材成形用金型最適設計」(1999年)塑性加工学会論文賞
  • 「板材プレス成形に関する研究および学会活動への貢献」(2015)塑性加工学会功労賞
  • (一社)日本塑性加工学会 関西支部 支部長(2015年〜現在に至る)