教務課

学籍

学生証と学籍番号

学生証

学生証は、本学の学生であることを証明するものです。他人に貸与あるいは譲渡することはできません。
本学で行う定期試験の際には、受験票となりますので、忘れた場合は受験できません。
また、教職員から呈示を求められた時は、いつでも呈示できるように常に携帯し、紛失・破損等のないよう取扱いには十分注意してください。
学生証の記載事項に変更があった場合は、直ちに教務課に届け出て訂正を受けなければなりません。

学生証・表面(学生証・表面)

学籍番号

学籍番号は入学時に決定します。学籍番号は、入学した学科(学部)に在籍する限り変わることはありません。
在学(在籍)期間はもとより、卒業後もそのまま残る固有の番号です。
学内における事務処理は、すべてこの学籍番号によって行われますので、正確に覚えましょう。

学籍番号は6桁の数字とアルファベットで表示します。

(例 15 入学年度 B 学科コード 001個人番号)

アルファベットは、学部・学科を表し、コードは下記のとおりです。

学部 学科 学科コード
人間環境学部 文化コミュニケーション学科 P
生活環境学科 V
スポーツ健康学科 T
経営学部 経営学科 B
商学科 C
経済学部 学科配属をしない1・2年次(3年次より下記の学科配属後、学生証を窓口で交換します) E
経済学科・国際経済学科 E
デザイン工学部 情報システム学科 H
建築・環境デザイン学科 M
工学部 機械工学科 F
交通機械工学科 G
都市創造工学科 K
電子情報通信工学科 L
科目等履修生 15C _ 01
入学年度 コード 個人コード
※_には下記のコードが入ります。
人間環境学部:P 工学部:F 経営学部:B
デザイン工学部:H 経済学部:E
短期留学生 15F _ 03
入学年度 コード 個人コード
いつ必要なのか
  • ◎試験を受けるとき
  • ◎授業で出席確認を行うとき
  • ◎履修相談をするとき
  • ◎図書館を利用するとき
  • ◎通学定期を購入するとき
  • ◎各種証明書の発行申請(証明書自動発行機パピルスメイト)を使用するとき
有効期限
  • ・入学後4年間(編入生は2年間)です。
  • ・上記を超えて在籍する学生は、毎年度末に学生証の更新が必要になります。
    2月中旬以降に教務課で更新の申し込みをしてください。3月末に旧学生証と無料で新しい学生証を引き換えます。
    なお期間外の更新は有料(1,000円が必要)です。
再発行をする時(紛失した場合)

学生証を紛失・破損した場合は教務課に届け出て再発行手続きを行ってください。
再発行は有料(1,000円が必要)です。
学生証を紛失した場合は、直ちに警察に届け出て、教務課で再交付を受けてください。
本学学内で紛失した場合は、学生生活課にお問い合わせください。

学生証の返還
以下の場合は、学生証を速やかに教務課へ返還してください。
1.卒業、退学、除籍により学籍を離れたとき。
2.学生証の再交付を受けた後に旧学生証が見つかったとき。
氏名、住所等の変更について

本人および保護者の以下の内容が変更の場合は、速やかに教務課まで届け出てください。
携帯電話番号、住所、自宅電話番号、氏名、本人の通学区間

学生証裏シールの更新について

当該年度の在籍を証明する大切な証明書です。裏シールは通学定期購入の有無にかかわらず、全員年度ごとに更新が必要です。
当該年度のシールを貼付していない学生証では、通学定期も購入できません。
新年度の裏シールは、毎年3 月下旬から教務課で交付しますので、忘れずに全員更新してください。

学生証・裏面(学生証・裏面)