教職課程

在学生の方

本学で教員免許状を取得するには

本学で教員免許状を取得するには、卒業に必要な要件単位の修得以外に、教員免許状取得に必要な科目の履修・単位修得、教育実習・介護等体験など学外での実習体験の参加、学内での各種ガイダンスの参加などが必要になります。
しかも、教育実習に参加するには、種々の資格制限と手続きを要します。
教員免許状を取得するには、1年次から(遅くとも2年次から)計画的に進めていかなければなりません。

大学(一種免許状)
  • 学士の学位を有すること
  • 教員免許状取得に必要な単位を修得すること。
  • 7日間の介護等体験に参加すること(※中学校の教員免許状取得希望者のみ)。
  • 学内で開催される各種ガイダンスへ参加をすること。

大学(一種免許状)

大学院(専修免許状)
  • 修士の学位を有すること
  • 高等学校または中学校教諭一種免許状(同一校種・同一教科)を取得していること。
  • 教員免許状取得に必要な単位を修得すること。

大学院(専修免許状)

(注) 教育職員免許法の最低修得単位計83単位のうち、59単位は一種免許状取得時に修得ずみであるから、83-59=24単位が専修免許状の取得のために大学院で修得が必要な単位数となる。その24単位は「教科に関する科目」でも「教職に関する科目」でもよいが、本大学院ではすべて「教科に関する科目」である。

4年間の流れ

教職課程の4年間の流れは下図の通りです。1年次から計画的に進めてください。

  1. 4年間の流れ 1年次
  2. 4年間の流れ 2年次
  3. 4年間の流れ 3年次
  4. 4年間の流れ 4年次

※各種ガイダンスの詳細案内は開催日の1ヶ月前にはお知らせをします。

編入学生の方

他大学・短期大学、または本学短期大学部等より、本学の3年次に編入し、教職課程を履修しようとする方は、次のことを確認し、必要な履修を行ってください。

  1. 1. 編入学生教職オリエンテーション
    4月初めに、編入学生教職オリエンテーションを行います。履修科目、免許状取得までのスケジュール等について説明を行いますので必ず参加してください。
  2. 2. 単位認定について
    1. ①本学短期大学部からの編入の場合
      短期大学部在学中に修得した科目は、中学校教諭一種免許状および高等学校教諭一種免許状取得のための単位として認定することがあります。
      詳細および、認定のための手続きについては、短期大学部の「成績証明書」を持参の上、(1)の通り編入学生オリエンテーションに参加をしてください。
    2. ②他大学・短期大学からの編入の場合
      他大学で修得した科目は、本学にて希望取得免許状のための単位として認定することがあります。
      出身校が作成した「成績証明書」および認定希望科目のシラバス(授業計画書)を持参のうえ、(1)の編入学生教職オリエンテーションに参加をしてください。
      また、出身校が希望取得免許状の教職課程を有している場合は、出身校が作成をした教員免許状取得に用いる「学力に関する証明書」をも、持参いただくと、履修指導を行うことができます。