ニュース&TOPICS

  • トップ
  • ニュース&TOPICS
  • 情報システム学科 山田先生が情報システム教育コンテストISECON2017で最優秀賞を受賞しました

ニュース&TOPICS

カテゴリ
バックナンバー
カテゴリ:【大阪産業大学からのお知らせ】 2018.04.17

情報システム学科 山田先生が情報システム教育コンテストISECON2017で最優秀賞を受賞しました

山田 耕嗣先生(デザイン工学部 情報システム学科)が、山田 悟先生、佐田 幸宏先生、杉本 展将先生(いずれも同学科 非常勤講師)と実践した「企業と連携した情報システム企画の実践的教育取り組み、改善とその評価」が、社団法人情報処理学会主催 情報システムコンテストISECON2017にて最優秀賞を受賞しました。

この賞は、情報システムに関連した教育実績として優れた実践に対して贈られるもので、今回の取り組みは情報システム学科で2012年度から実施している「フィールドプラクティス」につき、同学会の審査を経て、各方面からの評価を得たものです。審査員からは、情報システム企画に際して、実践的な授業として構成し、継続的に実践し、着実に成果が得られていることを評価され、最優秀賞の受賞となりました。

非常勤講師の山田 悟先生は専門は自然科学分野の研究者ですが情報教育にも長く携わっておられます。本実践では研究者ならではの視点と経験から得られたさまざまな知見を授業に展開いただきました。佐田 幸宏先生は情報システム学科を2007年卒業、2009年アントレプレナー専攻を卒業され、現在は「世界初だけに挑戦する」デザインエッグ株式会社を経営されています。また杉本 展将先生はシステム開発、株式会社ウィズテクノロジー経営の傍ら、デジタルハリウッド大学教授を務められています。お二人の現職経営者が本実践の質を更に高めてきました。ここで本実践に長くご協力いただきましたパナソニック株式会社、ヤンマー株式会社の関係者様に深く御礼を申し上げます。

今後も実践的な教育を展開してまいります、デザイン工学部 情報システム学科にご期待ください!

情報システムコンテストISECON2017最優秀賞を受賞情報システムコンテストISECON2017最優秀賞を受賞

取り組みに関する詳細はこちらの資料をご覧ください。