産官学連携

利益相反について

大阪産業大学(大阪産業大学短期大学部を含む。以下「本学」という。)では、産官学連携が活発に実行され、数多くの研究成果を生み出すとともに、その活用により広く社会に貢献することは、本学の基本的役割の一つと考えています。 産学官連携を進めるうえで、職員や大学が特定の企業等から正当な利益を得ること、あるいは特定の企業等に対し必要な範囲において正当な責務を負うことは妥当でありますが、外部との経済的な利益関係等によって、大学における職務遂行に必要とされる公正かつ適正な判断が損なわれることがあってはなりません。
そこで本学は、大学の社会的信頼を確保するとともに職員が安心して産学官連携活動に取り組める環境を整備するため、「大阪産業大学利益相反ポリシー」を制定し、利益相反に対する本学の基本的な考え方を示しました。また、「大阪産業大学利益相反ポリシー」に基づき、「大阪産業大学利益相反マネジメント規程」を制定しております。

大阪産業大学利益相反ポリシー

大阪産業大学利益相反マネジメント規程