電子情報通信工学科

教育・カリキュラム

学びのポイント

1.電気電子情報工学の基礎から応用まで幅広く学習。
1・2年次では、電気電子情報工学の導入科目および中心基礎科目について学習します。その基礎的な知識・技術をもとに電気電子工学分野と電子情報工学分野の専門応用科目について学び、より深い実験や研究に取り組みます。
2.工学の基礎科目や電気回路などの中心基礎科目は習熟度別クラスで学習。
数学や物理学など、本学科での学習に必要不可欠な工学の基礎科目や電気回路、電磁気学、計算機工学などの中心基礎科目は習熟度別でクラスを編成し、きめ細やかな少人数制指導を行っています。これにより、各自のレベルに合わせて無理なく理解を深めていくことができます。
3.研究活動と就職活動をより有意義なものにするため、3年次後期からゼミナールがスタート。
卒業研究を有意義なものにするために、3年次後期から研究室に所属し、十分な研究時間を確保しています。これにより、より深い研究活動と有意義な就職活動が両立できます。

卒業論文テーマ例

  • 次世代量子線がん治療のための炭素源の開発
  • 焦電型赤外線センサを用いた見守りシステム ~加算型読み出し回路の導入による低消費電力化~
  • 異種材料接合のためのナノ秒レーザーを用いた表層加工
  • 高周波スパッタリング法で真空度を変化させて室温下で成膜したAZO、GZO透明導電膜に関する研究
  • ファイバリングレーザ方式FBG温度センサの基礎特性と流速計測応用への検討
  • 電動航空機用3進数階調制御型インバータの基本検討
  • 直動型ステッピング駆動系を用いた筋電義手の駆動耐久性に関する研究
  • CNNを用いたドローン撮影画像からの果樹識別の研究 -識別の高精細化検討-
  • ナカナムホイールロボットの画像認識による自律走行に関する研究
  • 乱数と中国人の剰余定理に基づくRSA暗号方式の高速化と安全性に関する研究
  • 改訂版タキソノミーを用いたアクティブラーニングにおける学びの深さの定量化手法の提案
  • 文脈情報を利用した分散表現による低頻出単語の同義語獲得に関する研究

目標とする進路

ハードウェア系エンジニア 家電・機械・自動車メーカーで電子回路、半導体、ロボットなどの開発、建設業・鉄道などのインフラ整備、電力・エネルギー関連技術者など、幅広い分野での活躍を目指します。
ソフトフェア系エンジニア ネットワーク機器、通信サービス、システム・ソフトウェアなどのIT関連企業で、アプリケーションの設計・開発や通信ネットワークの設計・施工者としての活躍を目指します。また、AIやIoT、データサイエンティストといった次世代社会の中核を担う技術者としての活躍を目指します。

履修モデル

1年次
 
1  回路の基礎 平和学  初修外国語入門1    スポーツ科学実習1
2 代数学1  教養入門ゼミ 化学1  心理学 物理学1および演習
3 物理学1および演習   科学技術史 解析学1 英語
(Listening&Speaking) 1
4 コンピュータ
リテラシー
  電気電子情報工学入門 日本語と
コミュニケーション1
数学演習1
5 学習リテラシー   電気電子情報創造演習 英語
(Reading&Writing) 1
 

カリキュラム

電子情報通信工学科カリキュラム (2018年度以降入学の学生が対象。PDFファイル)

1年次
実践教育科目 電気電子情報工学入門/自然エネルギー入門セミナー/学習リテラシー/電気電子情報創造演習/コンピューターリテラシー/日本語とコミュニケーション1・2/フィールドワーク
専門基礎科目 基礎数学および演習/解析学1/代数学1/数学演習1/解析学2/代数学2/数学演習2/電気と数学/化学1/化学2/化学実験/物理学1および演習/基礎物理学および演習/基礎電磁気学1/回路の基礎/電気回路1
専門総合科目 電気電子情報基礎演習1