キャンパスライフ

奨学金・学費

奨学金制度と種類

学部 緊急・応急奨学金
学部対象
名称 高等教育の修学支援制度(給付奨学金+授業料等減免)家計急変
対       象 下記事由により家計が急変した場合 A:生計維持者の志望 B:生計維持者が事故または病気により半年以上就労困難 C:生計維持者の失職 D:生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合であって、A~Cのいずれかに該当または被災により生計維持者が生死不明、行方不明、就労困難など世帯収入を大きく減少させる事由が発生
募集期間 随時(ただし、原則事由発生から3ヶ月以内)〔注1〕
給付期間 標準修業年限〔注2〕
給付額(月額) 家計要件に基づき定められた区分、通学状況により給付額を設定〔注2〕 【第Ⅰ区分】自宅:38,300円(42,500円) 自宅外:75,800円 【第Ⅱ区分】自宅:25,600円(28,400円) 自宅外:50,600円 【第Ⅲ区分】自宅:12,800円(14,200円) 自宅外:25,300円 ※()内は生活保護を受けている生計維持者と同居している人、もしくは児童養設施設等からの通学者
授業料等減免 入学金:上限26万円、授業料:年間上限70万円 ※世帯収入の区分により減免割合を決定〔注2〕 【第Ⅰ区分】上限額を減免 【第Ⅱ区分】上限額の2/3を減免 【第Ⅲ区分】上限額の1/3を減免
学力基準 次のいずれかに該当すること a. 高校等の評定平均値が3.5以上であること b. 学修計画書を提出し、学修の意欲や目的等が確認できること 次のいずれかに該当すること a. GPA(平均成績)等が存学する学部等における上位1/2の範囲に属すること b. 修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、 活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
家計基準 ①収入基準:世帯人数とマイナンバーにて区分設定〔注3〕 〔例〕所得基準に相当する目安の年収〔〇人(世帯人数):〇〇万円(年収))〕 【第Ⅰ区分】2人:229万円、3人:289万円、4人:295万円 【第Ⅱ区分】2人:332万円、3人:391万円、4人:395万円 【第Ⅲ区分】2人:402万円、3人:457万円、4人:461万円 ②資産基準:本人と生計維持者資産額合計が2,000万円未満(生計維持者が1人の場合は1,250万円未満)
〔注1〕家計急変の事由が新学年度の前々年度1月以降(2022年度の場合は2020年1月以降)から前年度の3月に発生した場合は、進学後3ヶ月以内に申し込む必要があります。 〔注2〕学業成績・家計基準等により、給付額が変更および停止または廃止される場合があります。 〔注3〕あくまで目安です。目安の金額を上回っていても対象となる場合や下回っていても支給対象とならない場合があります。

<< 一覧へ戻る

名称 日本学生支援機構奨学金 緊急奨学金 (第一種奨学金対応、月額貸与・無利息)
対       象 生計維持者(原則父母)の失業・破産・事故・病気・死亡等又は震災、風水害、火災等の災害等により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする者
申請時期 随時(事由発生から1年以内)
貸与期間 採用年度末まで ※1年ごとに「緊急採用奨学金継続願」を提出することにより、修学年限を限度として延長できます
貸与金額 下記より選択(採用後の変更可) ・学部生(自宅):20,000円・30,000円・40,000円・54,000円 ・学部生(自宅外):20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・64,000円
学力基準 以下のいずれかに該当する者 1、大学における学業成績が、平均水準以上である者 2、特定の分野において特に優れた資質・能力を有する者 3、大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある者
家計基準 以下のいずれかに該当する者 1、家計急変の事由が生じたことによりその後1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実である者 2、家計急変の事由により、申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく減少した場合 3、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と特に認める者
返       還 卒業後10~20年以内に月賦または月賦・半年月賦併用で返還[注2]
提出書類 奨学金申込書・振込口座届・確認書・各種証明書

[注1] 貸与額は、採用年度によって変わります。 [注2] 返還年数は、貸与金額によって変わります。

<< 一覧へ戻る

名称 日本学生支援機構奨学金 応急奨学金 (第二種奨学金対応、月額貸与・利息付[注3])
対       象 生計維持者(原則父母)の失業・破産・事故・病気・死亡等又は震災、風水害、火災等の災害等により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする者
申請時期 随時(事由発生から1年以内)
貸与期間 標準修業年限[注4] *毎年、「奨学金継続願」の提出が必要です。(資料配布:毎年12月頃)
貸与金額 下記より選択(採用後の変更可) 2万円~12万円までの間で1万円単位で選択
家計基準 家計急変の事情により、今後とも経済的困難が継続すると見込まれる者
返       還 卒業後10~20年以内に月賦または月賦・半年月賦併用で返還[注5]
提出書類 奨学金申込書・振込口座届・確認書・各種証明書

[注3] 貸与終了後、上限3%内の利息が加算されます。 [注4] 取得単位の成績等により、貸与が休止・停止または廃止される場合があります。 [注5] 返還年数は、貸与金額によって変わります。

<< 一覧へ戻る

名称 短期貸付金 (一時貸与・無利息)
対       象 在学生
申請時期 随時
貸与金額 ・通常貸付額:50,000円まで ・学費が不足した場合:100,000円まで
家計基準 やむを得ない事情により、学生生活費の支払いが困難
返       還 貸与月の翌月より、毎月1万円ずつ返還
提出書類 短期貸付金申込書

<< 一覧へ戻る