キャンパスライフ

奨学金・学費

奨学金制度と種類

大学院 緊急・応急奨学金
大学院 博士前期・博士後期
名称 短期貸付金(一時貸与・無利息)
対       象 博士前期・博士後期 院生
申請時期 随時
貸与期間 当座
貸与金額 ・通常貸付額:50,000円まで
・学費が不足した場合:100,000円まで
家計基準 やむを得ない事情により、学生生活費の支払いが困難
返       還 貸与月の翌月より、毎月1万円ずつ返還
提出書類 短期貸付金申込書

<< 一覧へ戻る

名称 学内奨学金 応急育英金(年額貸与・無利息)
対       象 博士前期・博士後期 院生
申請時期 随時(事由発生から半年以内)
貸与期間 当該年度
貸与金額 年間授業料半額相当(一括貸与)
家計条件 家計支持者が被災・死亡・疾病などにより、経済的に修学困難
返       還 卒業後、10年以内(原則)に月賦で返還
提出書類 応急育英金貸与申請書・状況報告書・各種証明書

<< 一覧へ戻る

名称 日本学生支援機構奨学金 緊急奨学金
(第一種奨学金対応、月額貸与・無利息)
対       象 院生で家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡若しくは火災・風水害等の災害等により家計が急変した者
申請時期 随時(事由発生から1年以内)
貸与期間 採用年度末まで
※1年ごとに「緊急採用奨学金継続願」を提出することにより、修学年度を限度として延長できます。
貸与金額 [注1]
・博士前期:50,000円または88,000円
・博士後期:80,000円または122,000円
学力基準 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
家計基準 以下のいずれかに該当する者
1、家計急変の事由が生じたことにより、その他1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められた者
2、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と特に認められた者
返       還 卒業後10~20年以内に月賦または月賦・半年月賦併用で返還[注2]
提出書類 奨学金申込書・振込口座届・確認書・各種証明書

[注1] 貸与額は、採用年度によって変わります。
[注2] 返還年数は、貸与金額によって変わります。

<< 一覧へ戻る

名称 日本学生支援機構奨学金 応急奨学金
(第二種奨学金対応、月額貸与・有利子[注3])
対       象 院生で家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡若しくは火災・風水害等の災害等により家計が急変した者
申請時期 随時(事由発生から1年以内)
貸与期間 標準修業年限[注4]
*毎年、「奨学金継続願」の提出が必要です。(資料配布:毎年12月頃)
貸与金額 下記より選択(採用後の変更可)
・50,000円
・80,000円
・100,000円
・130,000円
・150,000円
学力基準 大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
家計基準 以下のいずれかに該当する者
1、家計急変の事由が生じたことにより、その他1年間の家計が収入基準額の範囲内になることが確実であると認められた者
2、その他家計急変の事由により、緊急採用が必要と特に認められた者
返       還 卒業後10~20年以内に月賦または月賦・半年月賦併用で返還[注5]
提出書類 奨学金申込書・振込口座届・確認書・各種証明書

[注3] 貸与終了後、3%上限の金利が加算されます。
[注4] 取得単位の成績等により、貸与が休止・停止または廃止される場合があります。
[注5] 返還年数は、貸与金額によって変わります。

<< 一覧へ戻る