ニュース&TOPICS

ニュース&TOPICS

カテゴリ
バックナンバー
カテゴリ:【FD活動】 【大阪産業大学からのお知らせ】 【教職員の皆様へ】 2019.08.26

令和元年度前期授業改善アンケート 優秀者表彰式を行いました。

本学では、開講する授業を改善し、大学全体の教育の質を向上させることを目的として、学期ごとに「授業改善のためのアンケート」を実施しております。昨年に引き続き、アンケート結果に基づいて、学生から高い評価を得た授業を担当した教員を表彰することになりました。

令和元年8月6日(火)、学長会議室にて令和元年度前期の表彰式を行い、15名の教員を表彰しました。(表彰式には7名が出席)

授業改善アンケート優秀者表彰式

顕彰結果対象者は以下の通りとなります。(すべて五十音順)

1.言語科目部門(対象教員:91名)

「日本語読解1」荒瀬 雅子 非常勤講師
「上級日本語作文1」郷矢 明美 非常勤講師
「上級日本語読解1」十川 理絵 非常勤講師
「Interactive Communication 1」ティム ハリス 国際学科 准教授
「ドイツ語1」中村 茂裕 国際学科 教授

2.講義科目【履修者数100名未満】部門(対象教員:162名)

「マクロ経済学」大谷 剛 経済学科 教授
「数学科教育法Ⅰ」定金 浩一 非常勤講師
「日本事情1」獅々見 真由香 非常勤講師
「観光ビジネス中国語1」テキ 亜蕾 非常勤講師
「社会科・地歴科教育法」戸田 靖久 非常勤講師

3.講義科目【履修者数100名以上】部門(対象教員:95名)

「ビジネス日本語2」石川 憲司 非常勤講師
「サービス産業論A」田中 彰 商学科 教授
「経営管理論」土屋 佑介 経営学科 講師
「物流論」浜崎 章洋 商学科 教授
「教育心理学」山田 啓次 教職教育センター 准教授

私の授業の取り組みの工夫、心掛けていること

「日本語読解1」荒瀬 雅子 非常勤講師

留学生それぞれが持つ語彙量には差があるため、本文の内容理解がスムーズに進むよう、事前に語彙の予習シートを配布して事前に調べておくことを宿題とし、授業では語彙の確認、翌週には復習クイズを実施して語彙の定着をはかっています。
「遺伝子検査」や「仕事の選択」、「教育制度」など様々なトピックに触れ、筆者の考えを正しく読み取るテクニックを身につけるだけでなく、トピックについて日本社会での問題点や背景を説明し理解を促しています。留学生自身が、自国での同様の問題についてや自分だったらどうするかなど、積極的に発言したくなるような授業作りを心掛けています。-

「上級日本語作文1」郷矢 明美 非常勤講師

学生一人一人の理解度は異なるため、小テストや学生への質問を通して、常に理解のレベルをチェックするよう心掛けています。理解ができていないと思われる場合には個別のフィードバックをするとともに、必要に応じてクラス全体でのフィードバックや進度調整を行うようにしています。
学生にとって受身的になりがちな講義と自らが取り組まなければならないワーク(小テスト・課題・発表・資料収集等)のバランスをとるようにしています。またレポート作成は各学生の興味に応じた自由テーマとするなど、できるだけ学生が主体的に取り組めるものになるよう工夫しています。

「上級日本語読解1」十川 理絵 非常勤講師

外国人学生は、日本語学校で受験対策あるいは日本語能力試験対策としての「読解」の授業しか受けてこなかった人がほとんどですので、そんな学生たちに読書の楽しみを知ってもらいたいと考え、小説やエッセイの中から、身近なテーマで学生たちが共感を持てる内容のもの、短い章立てで章ごとに内容が完結しているもの、半期を通して一冊読み切ることができるもの、そして日本語能力を向上させるためにN1・N2の語彙や文法表現が多く含まれているものを教材として選定するように心がけています。学生が授業を楽しめ、しかも日本語能力が向上したと満足できるかどうかは、この教材の選定に全てがかかっていると考えます。

「Interactive Communication 1」ティム ハリス 国際学科 准教授

コミュニケーション中心の科目なので、特にコミュニカティブ・アプローチをアクティブ・ラーニングの形で利用し、学生間のペアワーク、グループ・ディスカッション、インフォメーション・ギャップ・タスク等のコミュニケーション・タスクを定期的に実施しております。学生の理解の確認、授業に対するフィードバックの取得、学生とのラポール形成等のために、可能な限り一人一人の学生と直接コミュニケーションを取りながら授業を行うようにしております。

「マクロ経済学」大谷 剛 経済学科 教授

良好な就職・進学を実現した経済学部の先輩たちは、優秀な学業成績を実現していたという事実を具体例を交えて説明し、学生の学業へのインセンティブを高めるよう努めている。また、優秀な学業成績を実現するためには、下級生の段階からの継続的な学習が重要であることも事例を交えて説明すると同時に、それを支援・補完する無料課外講義への参加を呼び掛けたりもしている。換言すると、もし自身が大阪産業大学・経済学部の学生であったとしたら、何をしてもらえれば学習意欲が湧くであろうかと思案しつつ講義を実施している。

「数学科教育法Ⅰ」定金 浩一 非常勤講師

数学科教育法Ⅰは、数学の教員免許を出すかどうかを判断する科目です。免許状を出すということは、今後教壇に立って数学を教える可能性があるということです。そのため、授業では、嘘の数学を教えないということをモットーに厳しく臨んでいます。
受講学生は大変真面目で欠席はほとんどなく、授業態度も真剣ですが、単位取得者は受講者の半数程度です。国家試験のイメージで定期考査の基準点をクリアーしなければ単位は出していません。基準点クリアーのために課題を出し、教員側は、学生が単位取得できるように支援し、学生は基準点をクリアーするために学力を蓄える。定期試験の基準点をクリアーするというシンプルなルールが教員・学生ともにいい緊張感を生み出しているように思います。

「日本事情1」獅々見 真由香 非常勤講師

授業を行う上で常に心掛けていることは、教師が“教える”というだけの一方向の授業ではなく、学生とともに“学び合う”双方向の授業になるようにするということです。そのため、特に学生とのコミュニケーションを大切にしています。休憩時間や授業中に、学生に積極的に声をかけ、たとえどのような小さなことでも学生の意見などに耳を傾けています。そして、必要なことは授業内容に反映させ、授業の改善を図っています。また、授業では、教師と学生間の学びで終わるのではなく、学生同士の学びにも繋がるよう、ペアワークやグループワークを多く取り入れています。これからも一層努力して、より良い授業を目指していきたいと思います。

「観光ビジネス中国語1」テキ 亜蕾 非常勤講師

今回の受賞は、最高の学生に出会えたおかげだと思います。学習意欲が高くて積極的な学生が多く、指導に手応えを感じていました。特に、比較的小人数な授業でしたので、毎回の授業で可能な限りすべての学生と会話をし、その反応により、理解度を確認できました。そのうえ、一人ひとりとの会話の中で得られた学生の関心と需要を次回の授業で反映させるように、時事性かつオリジナリティに富んだ授業資料を準備していました。今後も学生の皆さんの声に真摯に答えていけるよう、改善を行っていきたいと考えます。

「社会科・地歴科教育法」戸田 靖久 非常勤講師

私の授業では何か特別な工夫をしているわけではありません。ただ受講生には「自分が教員になるためにどのような知識が必要なのか、またどのような態度で受講すべきか」を常に意識させ、不心得者には厳しく対応しています。こうすることで自ずと授業に緊張感とともに、未来の自分を想定して受講するようになると思います。また学期の後半は受講生の模擬授業とその講評に重点を置き、50分間授業することの難しさを体験してもらい、その反省を通して経験に昇華することを目指しています。

「サービス産業論A」田中 彰 商学科 教授

当科目は商学科の専門基礎科目との位置づけであるため、教科書の内容を幅広く日常生活に照らし合わせながら学生の理解を進められないかと考えています。いかに習得して欲しい経営学キーワードを印象深く伝えるかがカギなのですが、そのために毎回の授業では動画素材を使用しています。例えばプロ野球のビジネスモデルを通じてマーケティング施策を理解する章であれば、スタジアムでの最新イベント動画等を学生と共有することで映像イメージと経営学のキーワードのリンクを目指しています。その際に動画は5分以内を基本としていまして、一方的に見せるだけにならないようにも注意しています。

「経営管理論」土屋 佑介 経営学科 講師

授業は、3要素を意識しています。第1に、普段の生活で生まれる疑問を挙げ、学生に身近なこととして理解できるようにすること。第2に、講義内容は、なるべく学生の過去の経験や現在の経験を例に説明すること。第3に、講義終盤に講義内容を抜粋した問題を解かせ、その日のうちにインプットをアウトプット化させること。そのうえで、次回講義の冒頭で、再度上記の問題を解きつつ前回講義の復習をすることで、学習内容の定着につなげています。 また、WebClassを活用して、講義に欠席した学生が講義資料をダウンロードできるようにしたり(ただし、空欄箇所があるため、友人に聞いたり参考資料を調べたりするよう学生に促す)、成績の講評資料(SからDの該当者数と割合、および最終成績の平均値や標準偏差などの数値)をフィードバックしたりしています。

「教育心理学」山田 啓次 教職教育センター 准教授

 意識しているのは知識を学生の生活に落とし込むことです。幸い「教育心理学」は人生の発達課題や人間の行動を扱う学問ですから、それぞれの人生を振り返り、あるいは将来の生き方を考えるうえで学生の自己理解につなげるような展開を心掛けています。特に自己効力感やモチベーションを高める方法については時間をかけて説明しています。また、5時限目の授業ですから極力眠たくならないように意識的に個人に発問すること、挙手により全員に参加させるような発問をすることなど細かなアプローチもしています。