ニュース&TOPICS

  • トップ
  • ニュース&TOPICS
  • 疋田研究室(建築・環境デザイン学科)の3名の学生が学生デザイン賞に入選いたしました

ニュース&TOPICS

カテゴリ
バックナンバー
カテゴリ:【企業・地域の皆様へ】 【保護者の皆様へ】 【在学生の皆様へ】 【大阪産業大学からのお知らせ】 2022.06.21

疋田研究室(建築・環境デザイン学科)の3名の学生が学生デザイン賞に入選いたしました

~ 第53回毎日・DAS学生デザイン賞 大学生の部「金の卵賞」 ~

毎日新聞社、一般社団法人総合デザイナー協会DASの主催する学生デザイン賞 大学生の部「金の卵賞」におきまして、デザイン工学部 建築・環境デザイン学科の疋田研究室4年生の髙倉颯真さん(現在大学院1年生、笹岡研究室)、橋本早矢さん、山崎沙也加さん(ともに卒業生)の3名が建築部門にて入選いたしました。https://das.or.jp/?p=10327

建築部門 入選

作品名:Archi_Music -時と場所の音空間-

受賞者:橋本早矢さん

作品名:Urban Personal Capsule

受賞者:山崎沙也加さん

作品名:Contemporality as Architecture and Field

受賞者:髙倉颯真さん

受賞者:髙倉颯真さんのコメント

 私は現在大学院生として勉学を継続しており、この卒業研究にて行ったことをさらに進展させる提案ができるように励んでいます。この入選しました作品では、建築における時間性とは何かを考えるために、イタリアの建築家であるピラネージの作品のカンポ・マルティオに対して、現代建築家ピーター・アイゼンマンが2012年のヴェネチア建築ビエンナーレで行った作品を読解し、自身における建築の時間性の解釈として試みたものです。

 日々情報や環境が目まぐるしく変化していく時間の中で、今までの建築が各々の形状や様式に留まる静的なものであることを疑問視し、ArchitectureとFieldについて時間性の捉え方の違いに着目し、作品として顕在化しました。