ニュース&TOPICS

ニュース&TOPICS

カテゴリ
バックナンバー
カテゴリ:【FD活動】 【在学生の皆様へ】 【大阪産業大学からのお知らせ】 【教職員の皆様へ】 2022.12.05

令和4年度前期授業改善アンケート 優秀者表彰式を行いました【追記】

本学では、開講する授業を改善し、大学全体の教育の質を向上させることを目的として、学期ごとに「授業改善のためのアンケート」を実施しております。令和4年度においても、新型コロナウィルス感染症拡大の影響によりアンケートはWebでの実施となりました。そのアンケート結果に基づいて、学生から高い評価を得た授業を担当した教員に対して5つのカテゴリ別に表彰することとしました。

令和4年11月24日(木)本学の会議室にて令和4年前期の表彰式を行い、下記の表彰者の内、10名の先生が出席されました。

また、表彰された先生から、「私の授業の取り組みの工夫、心掛けていること」と題し、コメントをいただきました。

表彰者は以下のとおりとなります。(すべて五十音順)

1.演習・言語科目部門  該当教員数135名(内、表彰対象者数57名)

「文章表現演習」浦野 有加 非常勤講師
「Interactive Communication3」O.クロウ 非常勤講師
「Interactive Communication1」D.テューバー 国際学科・准教授
「Extensive Reading1」藤原 知予 国際学科・特任准教授
「初修外国語入門1(ドイツ語)」吉田 由美子 非常勤講師

2.講義科目【履修者数100名未満】部門 該当教員数180名(内、表彰対象者数107名)

「マクロ経済学」大谷 剛 経済学科・教授
「中国総合研究1」康 林 非常勤講師
「社会科・公民科教育法」谷澤 有弘 非常勤講師
「教育制度論」西野 倫世 教職教育センター・准教授
「ミクロ経済学」宮下 稔規 非常勤講師

3.講義科目【履修者数100名以上】部門 該当教員数122名(内、表彰対象者数103名)

「経営管理論」土屋 佑介 経営学科・准教授
「健康運動プログラム論」露口 亮太 スポーツ健康学科・准教授
「リハビリテーション論」橋本 雅至 非常勤講師
「物流論」浜崎 章洋 商学科・教授
「開発経済論」原口 華奈 経済学科・講師

4.実験・実習科目部門 該当教員数40名(内、表彰対象者数25名)

「サッカー1」佐藤 慶明 スポーツ健康学科・准教授
「ダンス1」谷本 英彰 スポーツ健康学科・講師
「コンピュータ・リテラシ」早川 千晶 非常勤講師
「器械運動2」正見 こずえ スポーツ健康学科・准教授
「コンピュータ・リテラシ」山口 純子 非常勤講師

5.日本語・日本事情科目部門 該当教員数11名(内、表彰対象者数7名)

「日本語読解1」岡田 裕子 非常勤講師
「日本語作文1」前田 達朗 非常勤講師

詳しくは授業改善アンケート集計結果(学内専用)をご覧ください。

http://wr19.osaka-sandai.ac.jp/gakunai/cnt/jugyo_hyoka/index.html

私の授業の取り組みの工夫、心掛けていること

「文章表現演習」浦野 有加 非常勤講師

本授業は機械工学科1年生対象の授業です。理系の学生にとって必要な文章表現の基礎を学び、報告書やレポート、論文などで求められる文章力を身につけるのが目的です。文章を書くといっても、ただ1人1人が文章を書き教員が添削という形だけではなく、グループで考えをまとめて文章の形にする活動や、各自が書いた文章をクラスで共有しコメントを付け合うという活動も積極的に取り入れました。そのような活動を取り入れることによって、自身で気付く力や、グループ活動を通して視点を広げる力も身につけて欲しいと考えたためです。受講生の皆さんは今後の学生生活で文章を書く場面が必ず出てきますが、その時にこの授業で学んだことを生かしてもらえるよう、後期も様々な活動を通して伝えていきたいと思います。

「Extensive Reading1」藤原 知予 国際学科 特任准教授

私が授業運営において心がけていることは、まず自分が元気に笑顔で話をすることです。これにより、学生の緊張をほぐし、一人一人が固くならずに自由に発言できる雰囲気づくりを目指しています。また私のクラスでは、1回の授業で一人の学生が英語を発音・音読したり、質問に対して発言する機会が、何度もあります。自ら手を挙げる学生が少ないクラスの方が多いですので、一人ずつ全員当てていきますが、学生がプレッシャーを感じないように、完璧でなくともよい、という励ましの言葉を添えたり、私がフォローするなどして、公の場で英語を話したり、自分の考えを述べる機会に、できるだけ物おじしないような環境づくりを目指しています。

「初修外国語入門1(ドイツ語)」 吉田 由美子 非常勤講師

ドイツ語に初めて触れる学生を対象とするので、出来るだけ解りやすくミニマムに文法を解説、発音も重視しきめ細かな指導を心がけています。学習内容は毎回の課題で確認し、数回の復習テストに加えて最後は口頭試問も実施します。こう聞くと大変に思えるかもしれませんが、間違いや恥など恐れずに常々と話しているので、ほぼ全員が最後は簡単な自己紹介や質問などドイツ語で話せるようになっている印象です。 ドイツやドイツ語については私という人間を通じてしか知るところはほぼ無いでしょうから、教員の責任は重大。年間通じてドイツの様々な文化や歴史、町の様子なども折に触れ教室のモニターやオンライン資料などで紹介しています。 学生にはドイツやドイツ語に関心を持つのは勿論、常に海外から見た日本という意識を持つ多様で広い視野の人間に成長して貰いたい。その成長のお手伝いが出来ればなと一介のドイツ語教師ながら願っています。これからも私のドイツ愛を伝えながら有意義な授業を提供したいと思います。

「マクロ経済論」大谷 剛 経済学科 教授

良好な就職・進学を実績した経済学部の先輩たちは、優秀な学業成績を実現していたという事実を具体例を交えて説明し、学生の学業へのインセンティブを高めるよう努めている。また、優秀な学業成績を実現するためには、下級生の段階からの継続的な学習が重要であることも事例を交えて説明すると同時に、それを支援・補完する無料課外講義への参加を呼び掛けたりもしている。 換言すると、もし自身が大阪産業大学・経済学部の学生であったとしたら、何をしてもらえれば学習意欲が湧くであろうかと思案しつつ講義を実施している。

「中国総合研究1」康 林 非常勤講師

当該授業を選んだ学生の中国語レベルは様々ですが、どのレベルの学生にも理解できるように授業を進めています。まず、学生に中国語と日本語の二つの言語で作成したパワーポイントや参考資料などを前もって送り、皆に予習してもらいます。授業中はよく学生に質問し、コミュニケーションを取るように心がけています。一つのテーマが終わったらそのテーマについての宿題を出し、学習効果をチェックしています。

「社会科・公民科教育法」谷澤 有弘 非常勤講師

授業では、学生の発言を大切にしている。スライド上の事項名や社会科指導に関わる内容などについて、指名または自由発言、プレゼンテーションを求めている。ハイブリッド方式なので、対面学生とネット学生が半々である。これは特に分けることなく発言の機会を設けている。  また自宅での学習を進めるために、毎回課題を出し一週間以内に添削をして返却している。そして提出を求めない、自主学習用の課題をスライドに複数提示している。 本科目は中学校社会科教員免許取得のための科目である。それだけでなく、課題設定・調査と研究・レポート執筆という学習過程を毎週実践することで、学生の社会人基礎力の向上を目指したい。

「教育制度論」西野 倫世 教職教育センター 准教授

本講義は,学生の力を伸ばすこと(学習権保障)を目的としており,そのために論理的・多角的・重層的に議論する力の涵養を目標として設定・提示している。構成としては,①テーマを身近な問題として考察できるよう10分前後のVTRを視聴して課題に取り組む,②意見交流を通した自他の尊重・視野の拡張を目指して5名程でグループワーク(机間巡視を行い,低調な場合は教員も参加し発言を促す),③中間地点で形成的評価を志向してポートフォリオを作成し,学生は上述の目標に照らして前半の取組みを自己評価した上で後半の目標を自ら設定,教員は各講義の論点・つながりを提示(PDCAサイクルの実質化)という方法をとり,評価と指導の一体化を図っている。

「経営管理論」土屋 佑介 経営学科 准教授

授業は、3要素を意識しています。第1に、授業内容について普段の生活で生まれる疑問を挙げ、学生に身近なこととして実感できるようにすること。第2に、授業内容は、なるべく学生の過去や現在の経験を例に説明すること。第3に、講義終盤に講義内容を抜粋した問題を解かせ、その日のうちにインプットをアウトプットさせることです。また、WebClassを活用して、1回目の講義前に全講義資料(ただし、空欄箇所を授業中に埋める必要あり)をダウンロード可能にし、iPad等でのペーパーレス受講にも対応しています。

「健康運動プログラム論」露口 亮太 スポーツ健康学科 准教授

フィールドで活かすことができる知識や考え方、姿勢などを講義で教育し、卒業後にも役立つ資質が身につくようアプローチしている。 学生とのコミュニケーションの取り方を工夫している。 例えば、良い質問をすることで、良い回答が返ってくる。 また、学生の名前を覚える努力をしている。 最後に、自身の向上心と好奇心を忘れず、毎回の講義の準備を対応している。。

「リハビリテーション論」橋本 雅至 非常勤講師

リハビリテーション論は専門的な内容が多いが、総論的でもあり、内容に深みを持たせづらい点があります。しかし学生達には身体、運動、生活を考える貴重な機会であると捉え、講義内容を構成しています。専門的な内容の深みよりも、日常生活やスポーツ活動の経験からイメージしやすい例を多く示し、自分の身体や体験だけでなく、他者や障がい者、高齢者の生活について考えてもらうように工夫しました。疾病による障害に関して、普段の自分と違うところを明確にし、学生達が何気なく行っていることができない人たちの存在を理解するため、障がい者の目線に立った例示を多く取り入れ、障がい者や高齢者が生活する社会について理解を促しました。

「物流論」浜崎 章洋 商学科 教授

物流論を熱心に受講してくれた学生たちに感謝申し上げます。 小中高では「物流」について、ほとんど学ばなかったと思うので、物流論の授業では、できるだけ身近な話題や事例を用いて説明しました。また、言葉で聞いてもイメージしにくいこともあるので、写真や動画をたくさん投影しました。 授業では毎回課題を出していたので、受講していた学生は大変だったと思いますが、課題にも一生懸命に取り組んでいただけたので、とても授業がやりやすかったです。感謝。

「開発経済論」原口 華奈 経済学科 講師

当該講義は、学生たちにとって全く身近ではない発展途上国の経済の現状や、政策課題、そして様々な問題の解決に向けた研究や取り組みを紹介しています。私が特に心がけている点は、学習した内容に関連することを授業内課題で実際に考えてもらい、課題抽出・解決を自分の言葉で説明してもらうことです。学生たちにとっては、考えたことのないことを考え、解決までの筋道を論理的に言葉にすることは決して簡単ではありません。ですが、課題を取り組みやすい形で提示すること、巡回して学生たちとコミュニケーションをとることで、考えに自信を持ってもらうようにしています。

「サッカー1」佐藤 慶明 スポーツ健康学科 准教授

山本五十六の言葉「やってみせ 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ」を指導指針として実践しています。授業時間内に技術習得できるよう指導方法を工夫し、成功した時には必ず褒めて次へチャレンジできるように個々に沿った進め方を行っています。そのためには私自身がコンディション維持に努め、デモンストレーションの精度が落ちぬよう気を付けて、自分自身が諦めることなく情熱をもって学生と向き合い続けたいと思います。

「コンピュータ・リテラシ」早川 千晶 非常勤講師

私が担当している授業は1回生、編入生が履修できる科目です。パソコンの操作スキルを取得するのは勿論ですが、正しく活用できる能力を身につけるのも必要です。SNSを通じて誰でも情報発信する事ができるようになりトラブルも増えています。情報モラル、メール等のマナーもこれからは必須になるので繰り返し伝えました。特 に4月から成人年齢が引き下げられたのでその点も考慮した内容を組み込みました。学生にとっては耳の痛い話や注意も嫌がられるのを承知で伝えています。アンケートの回答で「分かりやすかったです」とか「社会に出てからも役に立つ内容だった。」という回答を見ると嬉しくもあり感謝の気持ちでいっぱいです。これからも学生が興味を持つ内容で社会にでてからも必要な事を伝えていこうと思います。

「コンピュータ・リテラシ」山口 純子 非常勤講師

授業を進行する上では、将来社会人になった際に絶対必須となるPCの実習授業でもあるため、実務でどのように使われているかの事例を伝え、イメージしてからの操作と、テキストの流れに沿いながらも、実際使用頻度の高い内容をオリジナルデータを配布し、噛み砕いて誰でも分かる言葉を意識し説明するよう心がけております。 また、毎回前回学習した内容の中での重要ポイントは、授業冒頭で再度復習し、演習問題で繰り返し反復することで理解を深めています。 履修学生からも評価されたのは有り難く、今後も皆の理解度をアップできるよう改善しながら授業運営いたします。