大学院

経済学研究科

急速な構造の変化を起こす現代社会。多角的な観点をもつ経済人を育成する

経済学研究科には、「現代経済システム専攻」と、「アジア地域経済専攻」ユニークな2つの専攻が設置されています。
このうち、「現代経済システム専攻」は、激動する世界の動きを狭い意味の経済だけでなく、幅広い視点から分析することをめざします。
「アジア地域経済専攻」は、アジアの地域を研究するとともに、ビジネスなどの分野で、アジアを舞台に活躍できる人材を育成することを目的としています。
また、社会人のための夜間大学院として、「梅田サテライトコース」にて大学院の学位<修士(経済学)>を習得するコースも設置されています。

現代経済システム専攻

現代経済システム専攻

21世紀の始まりとともに、大きな転換期を迎えている日本経済。
そのなかにあって長期の経済不況に悩まされてきた日本経済の将来を担い人財要請を目指して、現代経済システム、情報処理、社会経済および経済論についての高度な学識を修得することによって、総合的な分析能力・企画能力・実務能力を兼ね備えた人材を育成することを目標にしています。

アジア地域経済専攻

アジア地域経済専攻

幅広い視点に立ったアジア地域経済研究ができるよう、本研究科では、広域経済圏としてのアジア地域経済研究科目のほか、国際経済研究科目、企業戦略研究科目といった、多彩な視点からの独創的な研究が可能なカリキュラムを編成。
また、アジア地域経済と日本経済、アジア地域経済と関西経済の関係も重視しつつ講座を編成。
企業・団体での社会人体験を基礎に研究を深めようとする社会人にとっても、実践的かつ具体的な内容となっています。

梅田サテライトコース

梅田サテライトコース

サテライトコースは、大阪産業大学梅田サテライト教室で、夜6時30から9時40分まで講義が行われます。
したがって、大阪の中心部で昼間働いているビジネスマンの方も仕事帰りに、夜間に大学院で講義を受けて大学院の学位〈修士(経済学)〉を取得することも可能です。

教育研究上の目的

  1. 経済学研究科は、わが国と地域社会発展への貢献をはかるため、国内はもとよりアジアを中心に世界各国・地域の大学・研究機関と研究交流を深めて優位を確保し、グローバル化時代にふさわしい国際競争力を備えた影響力ある高等教育機関として、情報化・国際化・複雑化が進む現代産業社会システム解明の総合的学問・研究体系を活用し、国内と国際社会で活躍できる高度な分析力と判断力に富む専門職業人・研究者の育成を目的とする。