大学院

工学研究科

工学研究科長 栗田裕
大学院で「自ら考え行動する」力を身につけよう

 新型コロナウイルスのまん延は,日常生活を制約するとともに世界の経済に大きな打撃を与えました。不要不急の外出やイベントの自粛,3密を避けるなどの感染防止のための取り組みは,社会生活のあり方を大きく変えました。中でも,在宅勤務やテレワーク,オンライン授業など,ICT活用による労働や教育の非対面化は,一気に進みました。
 これまで仕事の進め方は,対面式を原則としてきました。上司や先輩が,仕事の基本を丁寧に教え,仕事の進め方に関してもきめ細かく指示を与えていました。顔を合わせて仕事を進める場合は,上司が部下の状況をきちんと把握できるので,状況の変化に応じて適切な指示を与えることが可能でした。今後,テレワークが進むと,上司によるきめ細かな指示は難しくなってきます。働く本人が,基本方針に基づいて臨機応変に「自ら考え行動する」場面が増えてきます。
 このような働き方の変化に応えるため,大阪産業大学大学院工学研究科は,自ら考えて行動できる自立した高度専門技術者の育成を強化します。大学院では,「なぜ」そうなるのか,「どのように」すればいいのかを考える教育を実施します。大学院での調査研究を通して,課題の設定や計画作成,仮説検証,報告・連絡・相談,中間発表・学会発表,論文作成,質疑応答など「問題解決のプロセス」や「仕事の進め方」を実践的に修得することができます。
 私は,皆様が大学院で自らがもつ能力を伸ばして,将来,社会で活躍されることを心から望みます。工学研究科教員一同,皆様が自立した高度専門技術者に成長する手助けになりたいと願っています。

工学研究科長 栗田 裕

高度なテクノロジーの分野をリードするエンジニア・研究者を育成する

工学研究科には、博士前期・後期課程とあわせ、計8つの専攻があります。
博士前期課程では、機械工学専攻、交通機械工学専攻、都市創造工学専攻、電子情報通信工学専攻、情報システム工学専攻、環境デザイン専攻、の6つの専攻を設置。
博士後期課程では、生産システム工学専攻、環境開発工学専攻の2つの専攻を設置しています。

国家、企業、研究機関など、あらゆる場面において、テクノロジー分野の進歩は、不可欠な要素。高度な技術力を実際の社会に還元できる、真のエンジニア・研究者の育成をめざしています。

大学院生の学会等発表

  1. 大阪産業大学大学院工学研究科 大学院生の学会等発表リスト2017-2019はこちらをご覧ください

機械工学専攻

機械工学専攻click

オーソドックスな機械工学の基幹技術である機械力学、材料工学、熱工学、流体力学、加工・設計などの必要とされる技術分野を深く理解し、人と環境に優しい視点を持ち、修得した専門知識を最先端のものづくりに幅広く活用できる高度専門職業人としての技術者育成を目指します。>詳細はこちら

交通機械工学専攻

交通機械工学専攻click

自然環境と調和した高度な交通機械を通じて、また人々の福祉を念頭においた交通機械の研究を通じて、豊かな社会とその持続的な発展に寄与できる実践的な産業技術者に養成すると共に、自動車と鉄道を中心に交通機械とそのシステムに関する専門的知識を修得し、高度な研究開発能力を有する技術者を育成する。>詳細はこちら

都市創造工学専攻

都市創造工学専攻click

都市創造工学の基礎となる構造工学、土質工学、水工学、計画学、環境工学などを基軸に、バイオテクノロジー、新エネルギー資源、新素材、メカトロニクスなどの学際領域、それに建設マネジメント工学、都市交通システム工学などの高度情報化システムにかかわる技術分野を加え、特色あるスクーリングと高度な研究指導を行います>詳細はこちら

電子情報通信工学専攻

電子情報通信工学専攻click

電子・情報・通信3分野の先端技術にアプローチできるカリキュラム体系と研究体制が組織されており、これからの専門分野のテーマに取り組むとともに、それらを学際的かつ有機的に結びつける高度なスーリングと魅力ある研究指導を行います。>詳細はこちら

情報システム工学専攻

情報システム工学専攻click

次世代計算技術、情報デバイス、通信技術、また種々の場面での画像処理、生産システムにおける知能化、システムの設計と評価などへの対応を配慮して、情報基礎、物質情報、情報通信、画像情報および生産情報システム等の各分野にわたるカリキュラム体系と研究体制で組織されており、それぞれ専門分野での研究テーマを通して高度で密度の高い研究指導を行います。>詳細はこちら

環境デザイン専攻

環境デザイン専攻click

環境基礎論、環境デザイン論、環境計画論、環境デザイン情報システム、工学的環境論の各領域における「学系(講義系)、術系(実践系)」の科目をバランスよく配したカリキュラムに基づいて、ハイレベルなスクーリングと綿密な研究指導を行います。

生産システム工学専攻

生産システム工学専攻click

本専攻は機械工学・電子情報通信工学・情報システム工学の各分野で構成されています。本専攻では次世代の工学デバイスとシステムの開発・設計・生産における高機能化をめざして教育と研究を行います。

環境開発工学専攻

環境開発工学専攻click

学際的に構成された、前期課程の研究分野をさらに掘り下げ、かつ応用分野における方法論的、基礎論的研究を行います。都市環境デザイン系の分野では、都市の機能や活動を課題に、美しい国土づくりのあり方を研究します。開発システム工学系の分野では、都市環境デザイン系の分野で探究した「目的、目標像」を具現化する「手段」として、土木・建築施設、治水・防災施設や防災管理システムの構築なお、新しい生活環境創造のための幅広い高度技術に研究テーマが置かれています。

教育研究上の目的

  1. 工学研究科は、次のとおり、21世紀型の新たな生活・環境基盤を構築することが可能で高度な専門知識と豊かな創造性をもつ高度専門技術者・研究者の養成を目的とする。
    (1)現代の社会情勢に即応できる十分な応用力を有し、科学技術の急速な発展を先取りできるような産業技術者を育成する。
    (2)実践的な教育環境の中で様々な分野に於ける次世代の産業技術を担える人材を育成する。
    (3)異なる文化・価値観が融合する環境の中で、国際的なコミュニケーションができる能力を涵養する。
    (4)グローバルな視点から、強い探究心を持って多面的に物事を捉え、目標に向って前進する人材を育成する。
    (5)社会的倫理観を基にし、常に地球環境を念頭においた新技術を開拓できる人材を育成する。

学位論文の審査・評価基準に関する申し合わせ

  1. 機械工学専攻 博士前期課程
    交通機械工学専攻 博士前期課程
    都市創造工学専攻 博士前期課程
    電子情報通信工学専攻 博士前期課程
    情報システム工学専攻 博士前期課程
    環境デザイン専攻 博士前期課程
    生産システム工学専攻 博士後期課程
    環境開発工学専攻 博士後期課程

研究指導計画

  1. 工学研究科博士前期課程 研究指導計画
    工学研究科博士後期課程 研究指導計画