教務課

学籍

学籍異動(休学・退学・除籍 等)

学生証

学籍異動と授業料納付期限は密接に関係しています。内容をよく確認してください。

休学

病気その他の理由で休学しようとする者は、所定の手続きを経て、学長の許可を受けなければならない。
ただし、休学期間は通算して3年を超えることはできない。

(大阪産業大学学則第20条)参照

授業料納入期限内に手続きを行った場合、休学期間中の授業料は徴収しない。
ただし、学期の途中から休学する者にたいしては、その学期の授業料は全額徴収する。

(大阪産業大学学則第20条)参照

学部の同一学科においては、休学期間を除き、修業年限の2倍を超えて在学することはできない。
ただし経済学部においては、学科配属前の期間を含む。

(大阪産業大学学則第6条)参照

  通年休学(1年間) 前期休学 後期休学
休学願提出期限※ 4月20日 4月20日 10月15日
休学期間 4月1日~3月31日 4月1日~9月20日 9月21日~3月31日

※休学願の提出期限は、授業料等の納入期限と同日です。
ただし、納入最終日が銀行の休業日にあたる場合は、その翌営業日を納入期限としますので、休学願の提出期限も同様となります。
なお、学科によっては半期の休学でも卒業は1年遅れる場合もあります。
詳しくは教務課にご相談ください。

提出する書類 休学願

書類記載の際、印鑑が必要です。

継続して休学する時・・・・・・休学願

※継続する場合は単年度ごとに手続きが必要です。
手続きがない場合は継続されません。

復学

休学期間の途中で休学理由が消滅したときは、所定の手続きをとり、教授会の議を経て、学長の許可を受け、復学することができる。

(大阪産業大学学則第21条)参照

学期の途中で復学した者にたいしては、その学期の授業料は全額徴収する。

(大阪産業大学学則第21条)参照

提出する書類 復学願

書類記載の際、印鑑が必要です。

退学

病気その他のやむを得ない理由で退学しようとする者は、所定の手続きを経て、学長の許可を受けなければならない。

(大阪産業大学学則第19条)参照

  前期 後期
退学願 提出期限 4月20日 10月15日

※退学願の提出期限は、授業料等の納入期限と同日です。
ただし、納入最終日が銀行の休業日にあたる場合は、その翌営業日を納入期限としますので、退学願の提出期限も同様となります。
提出期限を過ぎると除籍となります。詳しくは教務課にご相談ください。

提出する書類 退学願

書類記載の際、印鑑、学生証が必要です。

除籍
学生が、次の各号のいずれかに該当するときは、除籍する。
(1)学費を納入期限を超えても納めないとき
(2)長期にわたって欠席し、または病気その他の理由で成業の見込みのないと認めたとき
(3)在学期間が、第6条第2項に定める期間を超えたとき
(4)死亡したとき

(大阪産業大学学則第23条)参照

学部の同一学科においては、休学期間を除き、修学年限の2倍を超えて在学することはできない。
ただし、経済学部においては、学科配属前の期間を含む。

(大阪産業大学学則第6条)参照

再入学
本大学に再入学できる者は、次の各号のいずれかに該当し、所定の試験に合格した者でなければならない。
(1)自己都合により本大学を退学した者で、出願時に退学後3年を超えない者
(2)授業料未納のため除籍された者で、出願時に除籍取消期間満了後3年を超えない者

(大阪産業大学学則第14条)参照

※特別な理由がある者については、3年を超えても再入学の願出を認めることがあります。
また、再入学の試験その他に関しては、教務課にご相談ください。