学部・学科

工学部

「モノづくり」の知識と技術で暮らしの問題解決をめざす。

今や、電化製品や工業製品、IT機器などがなければ暮らしは成り立ちません。工学部では、こうした私たちの生活の利便性や安全性を支える「工学」について、機械、乗り物、まちづくり、エレクトロニクスといった分野別に研究。実社会で、そして未来の社会で役立つ知識とスキルを身につけます。

工学部

機械工学科

機械工学科

製造機械や医療・福祉機器、産業ロボットといった工業製品の「モノづくり」を支える次代のエンジニアを育成。「機械」「材料」「熱」「流体」といった4大力学の知識とともに、デザイン力も身につけます。企業との産学連携も強みのひとつです。

交通機械工学科

交通機械工学科

自動車やバイク、鉄道、航空機、船舶などの「乗り物」に特化した全国屈指のユニークな学科。機械工学をベースに、材料や力学、乗り物の社会的役割、制御システムまで幅広く学び、実践を通してエンジニアとしての技術を磨きます。

都市創造工学科

都市創造工学科

人と自然が調和した、誰もが快適で暮らしやすい都市・まちを創造するエンジニアを養成。土木や建設、地盤などを基礎から学び、環境問題や地域の特性などさまざまな側面の知識を高め、安全で快適なまちづくりを考えていきます。

電子情報通信工学科

電子情報通信工学科

日々進化するエレクトロニクスについて研究。電子・情報・通信工学の3分野の基礎を強化したうえで、プログラミングやデータの測定・解析などの実習を行い、「電子情報」「情報通信」や「エネルギー」といった専門性を段階的に深めます。

教育研究上の目的

  1. 工学部は、自然環境と人間社会との健全かつ永続的な調和と共生を基に、与えられた環境の中で応用力と柔軟な発想で個性豊かな創造力とユニバーサルな視点をもって最善の努力ができる人材を育成することを人材養成上の目的とする。